xrea.ikuto.com

XREAサーバーについてのいろいろ。

 2005年4月、弘前の不動産屋のホームページを作ることにしました。数年前から無料スペースにいくつもの趣味ホームページを作ってきたので、そのほとんどが商用利用禁止であることを知っています。事務所のプロバイダはYahooBBなので、ジオシティの利用規約を読んでみましたが、予想通り商用利用禁止です。ここで初めて有料サーバーを使おうということになるわけですが、私は有料の場所にホームページを作る知識が皆無でした。googleで「独自ドメイン」とか「レンタルサーバー」とかで検索して、一通りの知識を得ましたが、この時点で脳みそが疲れ切ってしまいました。疲れてはいますが、インターネットの世界は早い者勝ちな面が多々あるので、とりあえず場所と名前はキープしてしまおうと焦っていました。いつもなら、某巨大掲示板の関連部分を読みあさって、良い噂も悪い噂も収集してじっくり決めようとか考えるのですが、疲れと焦りのジレンマがブランド志向での決定を促しました。NTTPC社なら大丈夫だろう、なんせNTTだしな、検索でも上位だ、ということで独自ドメインもレンタルサーバーもNTTPC社に決めました。それから2週間、ゴールデンウィークまで、私の興味はこのサイト作成とリンクサイト登録、そして検索エンジン対策のホームページ閲覧と、ずっとかかり切りになっていました。

 5月、ゴールデンウィークが終わった人もいれば飛び石で休んでいる人もいるこの良き日、情報収集先ホームページで、やたらと安い独自ドメイン、レンタルサーバーの情報を得ました。それが今このページが置いてあるXREA(エクスリア)です。一年間の利用料がNTTPC社の一ヶ月利用料より安く、もう一つ感心したのはサブドメインをいくつも作れるということです。つまり、http://ikuto.com/xrea/ではなく、http://xrea.ikuto.com/というURLを利用できることに魅力を感じました。容量も10倍使えるので、サブドメインで複数のホームページを作っても問題ありません。この情報を得るまではNTTPC社のサーバーに非常に満足していたので、かなりショックを受けました。損した、ぼったくられた、と感じました。もっと情報収集してからにすれば良かったと後悔しました。今すぐにでもNTTPC社のサーバーからXREAに移転しようとも思いました。しかしなぜこれほどの価格差が生じるのか、正直、XREAがこのままの価格でこのままのサービスを維持できるのかという不安があります。そこで、とりあえずXREAに一つホームページを置いて見て、NTTPC社と比較しながら使ってみることにしました。お小遣いで十分支払いできる金額なので、一つといわず二つずつの独自ドメインとサーバーアカウントを購入しました。そしてこのページの作成に至っています。

 今後、*.ikuto.comというURLにて様々なサイトを構築予定です。そして、NTTPC社のサービスと比較して移転にふさわしい場所であるかどうかを見極めていきたいと思います。 安かろう悪かろうな場所ではないことと、安定して経営していく力のある会社であろうことを期待します。

phpinfo()でこのサーバーのPHPバージョンや設定を確認。プロバイダホームページではPHPどころかCGIさえ使えないところがある中、しっかり使い物になりそうです。使えるというのは利点ですが、同じサーバーの人が重いPHPやCGIを実行していたらどこまで耐えられるのかが心配。

→FTP転送もメール受信もいまのところ問題ない速度です。

→デフォルトではindexファイルが存在しないディレクトリを表示させようとすると403が出るようになっていますが、.htaccessファイルでOptions +Indexesを指定することでディレクトリ内のファイルを一覧表示にさせることが出来ます

IP変換にて確認。ikuto.comは222.227.75.7で、さらに変換するとs142.xrea.comになります。NTTPC社からは1アカウントにつき1つのIPを貰っているようで、ken-taku.comは210.153.27.213で、さらに変換するとken-taku.comに戻ります。ひょっとして値段の差はこの辺なのかな?

→某巨大掲示板で情報収集、無料または独自ドメインなしで使うとGoogle検索に嫌われるようです。有料、独自ドメインでの利用では、高いところに比べても特に問題なさそうな場所です。そこでの評価はNTTPC社WebArenaがSクラス、XREAはBクラスになっていますが、Sクラスの根拠はサーバー自体への評価ではなく、経営母体がメジャーなことのようです。

→一般にXREAというと、広告有りの無料サーバーの方が有名なようです。いきなりXREAに行っても無料サーバーのことばかりが書いてあります。広告なし有料のサーバーはドメイン取るならValue-Domain!から、アカウント登録して申し込みます。尚、このバナーは私にマージンが入るようにリンクしていますが、これで稼ぎたい訳じゃないので適当に縮めてください。

→NTTPC社での申し込みからサイト構築までで相当苦戦して知識を得たせいか、ココでのドメイン取得、サーバーアカウント管理がやたらと簡単に感じました。

→XREAを無料で使う場合に表示すべきバナーにどんな広告が出るのかみていたら、なんと他社のドメイン、レンタルサーバーの広告が出ました。リンククラブで700円+3,000円だそうです。ApacheじゃなくてWindowsなのでCGI/PHPの互換性で問題が多いかも知れません。某巨大掲示板では非常に評判が悪く、サーバー性能のみならず企業の違法行為にまで言及されています。

→某巨大掲示板での見解。「XREAはあくまで無料サーバーに有料で広告免除のサービスが付加できる場所、有料サーバーとして期待するべからず」ということです。その有料サービスにより、NTTPC社の10倍のスペースが10分の1以下の料金で実現でき、複数サブドメインで運用はWebArena Suite2では出来ないとキッパリ書いてあることからも、やはり注目のレンタルサーバーには違いないでしょう。

PHPスクリプト型のブログも設置可能。負荷は大丈夫?

→一つのレンタルサーバーアカウントで複数の独自ドメインによる独立したホームページも作れます。逆に、一つの独自ドメインを、サブドメインごとに別のサーバーに振り分けることも出来ます。

PHP版 Yomi-Searchスクリプトを設置しました。MySQLも使っています。このスクリプトはデータベース使用ということで、対応していないレンタルサーバーも多いそうです。XREAの機能をフルに使う意味で設置してみました。これも負荷は大丈夫?

ついに移転しました。ケンタクをrNoteスクリプトで構築し直すにあたり、紹介されている.htaccessの書き方の一部がWebArenaでは対応しておらず、XREAでは対応していました。

総括

 本業のホームページですから、月数千円の出費でもさほど高額というわけではないのですが、出来ることと出来ないことの差がもっとも移行を促しました。例えば容量においても、いつか飽和するのではないか?と言う心配がほぼなくなるし、何かやりたいことが増えたとき、サーバーが対応しているかどうかと心配することもなくなります。転送量だとか安定度だとか、心配に値するレベルでもありません。

 NTTPC社のサービスが悪いわけではありません。それ以上のサービスがより安価に得られる所に移転したまでです。これほど出来ているサービスが実在しているわけですら、これが業界基準になってしまう日も来るかも知れません。もしくは安すぎて倒産する日が、、、

おしまい